コンタクト処方について

皆様は本当に合ったコンタクトレンズを選ばれていますでしょうか?
コンタクトレンズといっても様々な種類があり、患者さまの眼の状態や用途・ライフスタイルによって多数の種類の中から最適なコンタクトを選ぶのは、自分一人では難しいものです。
コンタクトレンズと長くつきあっていくためにも眼科専門医によるコンタクト処方をお勧めいたします。
豊富な知識を活かし患者さま一人一人に合った最適なコンタクトレンズ選びをご提案いたします。


コンタクトレンズによる治療と矯正

視力アップのためのコンタクトレンズだけでなく、治療を目的とした矯正用コンタクトレンズなどもあります。
円錐角膜を患っている患者さまは、低酸素透過性の低い円錐角膜用のハードレンズや無虹彩症の患者さまには虹彩付きレンズをお勧めいたします。
その他にも、角膜上皮表層の傷の治療用、痛みを軽減させるレンズなどもございます。

【コンタクトレンズの注意点】

・眼科医が指示された使用期間や装用時間を必ずお守りください。
・お手入れ不要の1日使い捨てなどのレンズ以外はしっかりとお手入れをされてください。
・レンズの装用にあたり少しでも異常がありましたら、すぐに眼科を受診されてください。
・異常が無い場合も定期検査を必ず受けるようにしてください。
・眼の状態によってはコンタクトレンズを装用できない場合がございます。